ベビー服の購入に際して

我が家は2人の子供を授かりました。今は長女が13歳、次女が9歳になりましたのでベビー服を購入して着せていたのも遠い昔のことです。何しろ結婚したのが大学を卒業してすぐのことで、子供も立て続けに生まれましたので嵐のような日々が過ぎて行きました。今考えると、かなりの子供服を購入しています。つい、最近もこどもの学校の宿題で「生まれた頃からの写真をあつめて持ってくること」という宿題があり、その写真を眺めていると懐かしい子供服の様子も出てきましたし、おさがりで親戚などにプレゼントできなかったベビー服もでてきました。その頃のベビー服の購入といえば、とにかくベビー服の購入だけではなく、ベビー用品を常に買い揃えるためにほぼ毎週と言っても過言でもないくらい、家内と専門店に車で通っていたような気がします。ちょうど車で30分程度の場所に専門店があったため、ちょうど買い物をするにも良い距離でした。

当時は、まだまだ経済的にも苦しい時でしたので、ベビー服には普段着としてはほとんどお金をかけられないという状況でした。しかしながら、おじいちゃんやおばあちゃんが一緒の時にはここぞとばかりによそ行きのブランドで有名な洋服を百貨店やブランドショップに行って購入するというパターンでした。次女の時には、長女のお下がりが多少なりとも使えるのかなと考えていましたがとてもとてもお下がりで使えるようなものは少なく、ほとんど新たに購入せざるを得ない状況でした。ベビー服は毎日のものですから汚れるのも痛むのもこちらが想定していたよりも早いというのが現実だったのです。ですから2人子供がいるので、若いご夫婦から、おさがりがあればくださいといわれますが、子供服のお下がりはあってもベビー服のお下がりはほとんどない、もしくはあったとしてもあまりきれいではないので差し上げるには心苦しいものばかりということになってしまうわけです。最近、私の弟に甥っ子が生まれ、家内の妹にも来年、姪っ子が生まれる予定です。今からいろいろな洋服を百貨店にプレゼント用として見に行っているのですが伝統的に可愛いと言われるブランドはいつになっても高いものです。

ですが自分たちが経験したことを考えるときっとこういったプレゼントほど、うれしくてありがたいものはないと思います。家内も我がことのように百貨店や専門店にいっては、いろいろなお店を物色して、プレゼントを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です